ACCESS(アクセス)の得意なこと?EXCELより速くできることがあります

こんにちは。

本日はACCESSを使うメリットの話です。ACCESSではEXCELが不得意なことができます。

その①何十万行もあるデータを取り扱う場合

例えば、EXCELで何十万行もあるデータの加工、つまりEXCELのブックが非常に重くなってしまうケースです。何か加工作業を行おうとしてもデータが重くて加工できない、数式の再計算で画面が真っ白になって止まってしまう状況ですね。

EXCELは表計算ソフトなので、大量のデータの取扱いは不得意なのです。

そのため、大量データを取り扱う際は、データ格納、取り出しが得意なACCESSを使用しましょう。

その②整備されたデータがあり、データを色々な形で抽出したい場合
(データを結合させたい場合等)

データがきれいに並んでいないと使えませんので注意が必要です。項目に応じて、きれいに並んでいるデータを、色々な形で抽出したい場合、EXCELより速くできることが多いです。

例えば、データのある列を一つずつフィルター検索したデータを使いたい場合などです。一つずつフィルター検索して、フィルター抽出するような作業は非常に時間がかかりますよね。ACCESSの場合、クエリで設定しておけば簡単ですね。

また、データとデータを組み合わせてレポートを作成したい場合も同様です。EXCELで複数シートを組み合わせて何かを一つのものを作成する場合は、手間がかかります。不得意なのです。

このような場合、ACCESSを使用したほうが速くて正確です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする