利益とは何か?利益の種類や計算方式をわかりやすく説明します。

売上総利益(粗利)とは?/商品販売やサービス提供で儲かっているか

売上総利益(うりあげそうりえき、gross profit)とは、粗利(あらり)とも呼ばれ、売上から売上原価を差し引いた利益のことです。売上総利益は、商品販売やサービスの提供によりどの程度儲かっているかが示されます。

売上は、商品販売やサービス提供によって稼いでくる収益ですが、売上に伴い費用がかかります。例えば、コンビニの場合、店員さんの人件費や、商品を仕入れる原価が生じます。

つまり、商品販売やサービスを提供で、どの程度儲かったかは、売上に対応する費用いわゆる売上原価を差し引くことで、どの程度儲かったかがわかります。売上原価同様に、売上に対応する利益が、売上総利益になります。

数式:売上総利益 = 売上  ー  売上原価

営業利益とは?/本業が儲かっているか

営業利益(えいぎょうりえき、operating income)とは、売上総利益から販売費および一般管理費(販管費)のことを差し引いた利益のことです。営業利益では本業でどの程度儲かったかが示されます。

販管費とは、事業に関連して生じる費用であったり、管理部門の費用のことです。例えば、コンビニの場合、本社の総務や経理部門の社員の人件費であったり、オフィスを賃貸していれば生じる家賃などが販管費にあたります。

事業を行う上で、間接的に生じる費用を差し引くことで本業の儲けがわかるのが、営業利益になります。

数式:営業利益 = 売上総利益  ー  販管費

経常利益とは?/毎期継続的に儲かっているか

経常利益(けいじょうりえき、Ordinary income)とは、「けいつね」とも呼ばれ、営業利益から営業外の収益や費用を考慮した利益のことです。本業以外にかかる収益費用も含めて、毎期継続的にどの程度儲かるかが示されます。営業外の収益には、銀行に預けている定期預金の利息などがあります。

経常利益では、本業以外でも生じる収益費用の影響が確認できます。

数式:経常利益 = 営業利益 + 営業外収益  ー  営業外費用

税引前当期純利益とは?/当期の企業が儲かっているか

税引前当期純利益(ぜいびきまえとうきじゅんりえき、Income before income taxes)とは、経常利益から特別利益や特別損失を考慮した利益のことです。特別利益、特別損失とは、臨時・偶発的に生じる収益・費用になります。税引前当期純利益を確認すれば、当期の企業がどの程度儲かっているかがわかります。

事業を行う上で、突発的な災害に見舞われたりすることで事業が停止したり、人員調整のために大規模なリストラが生じることがあります。そのようなときは、臨時・偶発的に生じるものとして特別な利益、損失として計上されます。

特別利益・損失の影響を考慮することにより、当期の企業がどの程度儲かったかがわかるのが税引前当期純利益となります。

数式:税引前当期純利益 = 経常利益 + 特別利益  ー  特別損失

当期純利益とは?/当期の企業が税金を払った上でも儲かっているか

当期純利益(とうきじゅんりえき、Net income)とは、税引前当期純利益から法人税等を差し引いた利益のことです。当期にかかる法人税等を差し引いたあとで、当期の企業がどの程度儲かっているかがわかります。

法人税等とは、企業が儲けた利益に応じて支払う税金のことです。その法人税等の影響を踏まえたうえで、当期どの程度儲かったかがわかるのが当期純利益となります。

数式:当期純利益 = 税引前当期純利益  ー  法人税等

利益の種類のまとめ、利益の見方

商品サービスが儲かっているかが見たい場合は、売上総利益を確認しましょう。ざっくりと儲かっているかを確認するときに用います。

また事業が儲かっているかを確認したい場合は、営業利益に着目するとよいでしょう。事業を行う上で、直接生じる原価や、間接的に生じる販管費などを考慮しているものが営業利益です。営業利益の金額を抑えれば、ビジネスモデルが儲かっているかが確認できます。

そして、本業以外でも収益・費用が生じていないか確認したり、毎期継続的に儲かる構造になっているかを見たい場合は、経常利益を見ましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする